ホルモンが苦手な人はチェック!食べやすいホルモンで苦手なホルモンを克服

ホルモンが苦手な人はチェック!食べやすいホルモンで苦手なホルモンを克服

 

独特な食感と味わいから人気のあるホルモンですが、中には苦手な方もいらっしゃるかと思います。はじめて食べた際の印象が残ってしまい、それっきり食べていないというケースも多いのです。


今回はホルモンが苦手という方にぜひ知っていただきたい、食べやすいホルモンの種類やホルモン自体のことについてご紹介いたします。

ホルモン焼きとは

ホルモン焼きというのは、モツと呼ばれる牛や豚の内臓を焼いた料理のことです。基本的には焼肉屋やホルモン料理専門店にて食べることができますが、近年では味付け済みのホルモンが冷凍などで販売されることもあり、家庭で気軽に楽しむことも出来るようになっています。主な栄養価はビタミンAや鉄分となり、コラーゲンをたっぷりと含んでいるため美容効果があるとされていますが、その一方で痛風の原因となるプリン体も多く含まれています。


ホルモン自体は内臓であるが故に劣化が早く、鮮度が命となります。その保存性の低さなどもあり、通常のお肉に比べて比較的安価となっています。また一般的にホルモンと呼ばれているものはたいていが腸や胃袋のことを指していますが、精肉となる部分以外についてはホルモンとして食べることが可能なのです。


食べ方としては、そのまま炭火で焼いて食べるか、あらかじめタレに付けておいたものを焼くかの2通りとなります。非常にシンプルですので、ホルモンそのものの味をダイレクトに感じることができます。しかしその分ホルモン自体の質が重要です。下処理をしっかりと行い、臭味を取った鮮度の高い状態であればあるほど美味しさに繋がるのです。

ホルモンの種類

ホルモンはまずは大きく分けて牛と豚の2つに分かれます。牛は脂が乗っていて味が濃いという特長があり、豚の場合には味は淡白でさっぱりとしているものの旨味が詰まっています。その他にも数多くの部位や種類があり、「食感を楽しめるもの」と「肉々しさが感じられるもの」と「ジューシーな味わいに溢れているもの」で分けることができます。

食感を楽しめるホルモン

食感が豊かなホルモンの中でも特に触感を楽しむことが出来るものですが、まずは「ハチノス」です。牛の第2の胃袋のことで、見た目はまさに蜂の巣のようで網目状のひだがあり、歯ごたえとふわっとした食感を楽しむことができます。他にも「コリコリ」というその名の通りコリコリとした食感の大動脈や、ぶつぶつとしたひだのサクサク食感が面白い「センマイ」などがあります。

肉々しさが感じられるホルモン

肉々しい味わいのホルモンですと「ハラミ」です。焼肉の部位としてメジャーなのであまり意識することがないかと思いますが、牛と豚どちらにもある横隔膜の筋肉のことで、肉ではなく実はホルモンなのです。硬すぎずやわらかすぎずという絶妙な食感が特徴です。また「アブシン」という脂ののった心臓も、脂の濃厚なコクを感じつつサクッとした肉らしい噛み応えがあります。

ジューシーな味わいにあふれているホルモン

ジューシーさを求める場合には「マルチョウ」です。裏返した小腸をぶつ切りにして茹でたもののことで、切り裂いていないことによって脂の旨味がそのまま残っているため非常にジューシーです。また、非常に噛み応えがあり、噛むたびに旨みたっぷりの脂がにじみ出てくるので飽きることがありません。第4胃袋の上部である「ギャラ心」は肉厚で噛むたびに肉汁がじゅわっと溢れます。上質な脂がたっぷりで、味が濃いため人気があります。

ホルモンが苦手な理由

ホルモンが好きな方も多くいますが、それに負けず劣らずホルモンが苦手という方もいらっしゃいます。その理由としては、「ゴムのような食感」や「独特な臭味」が代表的なものとして挙げられます。

ゴムのような食感

ホルモンが好きな方にとってはたまらなく好きな部分となる食感ですが、苦手な方にとっては噛み切れないことやゴムのように何度噛んでも弾力があるという部分が苦手な理由となります。噛んでもかんでも飲み込みやすい状態にならないことで苦手意識を持ってしまうということです。しかしそれは質のあまり良くないホルモンでよくあることです。上質で鮮度の高いホルモンであれば、ゴムのような食感は薄れて脂の旨味を感じながらも噛み切ることが可能です。

独特な臭味

内臓系特有の臭味によって苦手と感じてしまった方も多くいらっしゃるようですが、それも鮮度が高くなかい場合や下処理を丁寧に行っていない場合に感じてしまう要素となります。新鮮でかつ下処理を確実に行うことによって臭味を一切感じることはありません。ホルモンが本来持っている焼いたときの香ばしさと脂のとろけるような香りが食欲をそそります。

ホルモンが苦手な人におすすめの種類

ホルモンが苦手という方にもおすすめの種類が、焼肉のメニューとして認知されているハラミです。ホルモンの特長である、噛みごたえのある弾力というよりは肉に近い触感ですので、お肉と遜色なく食べることができます。またギャラ心もお肉のようなジューシーさがありますので食べやすい部類です。


はじめて食べたときの印象だけで決めつけてしまうのではなく、手を出しやすい種類から試してみてはいかがでしょうか。それによってホルモン特有の脂の味わいや食感を楽しむきっかけになる可能性がありますし、なにより美味しいものを味わうことが出来る喜びに繋がります。

まとめ

新鮮で上質なホルモンであれば、噛み切れないほどの食感や臭味を感じませんので苦手を克服することが可能です。その他にもホルモンのわかりやすい特徴がない種類を試すことによって、ホルモンの美味しさに気がつくきっかけにもなるのではないでしょうか。
そんな美味しいホルモンを食べたいと思われている方は、ぜひ「牛牛 西麻布 総本店」へお越しください。ホルモンの盛り合わせなどもありますので、複数の種類を同時に気軽にお召し上がりいただけます。