和牛と国産牛の違いは?焼肉でおすすめの和牛を紹介!

和牛と国産牛の違いは?焼肉でおすすめの和牛を紹介!

「和牛と国産牛って何が違うの?」という疑問を抱えている方のために、今回は和牛について詳しく解説していこうと思います。さらに焼肉で食べるおすすめの和牛も紹介するので、この記事を読んですぐに挑戦することができます。

また焼肉で和牛をおいしく食べる方法も紹介するので、正しい知識を身に付けておいしく和牛を食べましょう。

和牛と国産牛の違いは?

和牛と国産牛の違いをよく分かっていないという方は、意外と少なくありません。しかし今さら人には聞けないと、うやむやにしていることが多いのも現実です。そこでここではまず和牛と国産牛の違いについて、分かりやすく解説していきたいと思います。

和牛とは

和牛とは日本の在来種をもとにして、交配を繰り返して改良されてきた牛の総称です。和牛と呼ばれる条件には原産地は全く関係なく、4種類ある品種のみが条件となっています。

4品種をまとめて見てみましょう。

・黒毛和種(くろげわしゅ)主な産地は日本全国
・日本短角種(にほんたんかくしゅ)主な産地は北海道・岩手県
・褐毛和種(あかげわしゅ)主な産地は高知県・熊本県
・無角和種(むかくわしゅ)主な産地は山口県

上記の4品種とその4品種間での交配種のみを、和牛と呼ぶことができるのです。さらに日本国内で出生し育成されたものに限られ、他の品種を和牛として呼ぶことは禁止されています。現在の日本国内の和牛飼育量は、およそ90%を黒毛和種が占めているといわれています。

国産牛とは

国産牛の定義は、「日本国内で飼育された期間が一番長い牛」となっており、どこで出生したかは関係ありません。さらに品種に関しても定められておらず、様々な品種が存在しています。以前の法律では3ヶ月日本で飼育すれば、全ての牛が国産牛と呼ぶことができましたが、平成16年9月以降は上記の定義に変更されました。

現在もっとも流通している国産牛は、乳牛種として有名な「ホルスタイン」です。ホルスタインはオランダ原産の外来種で、乳製品を生産できないオスが食用肉として加工されています。ちなみに日本で出生したホルスタインであっても、品種が外来種なので和牛を名乗ることはできません。

代表的な和牛ブランド

日本国内にはそれぞれの産地に有名な「ブランド和牛」がいますが、その中でも代表格のものを見ていきましょう。

はじめに日本三大和牛として認知されているのは、神戸牛・松阪牛・米沢牛となっています。これらのすべての素牛は但馬牛という黒毛和種の和牛で、但馬牛から交配されたブランド和牛は全国に多数存在しています。

焼肉で食べるおすすめ和牛①神戸牛

ここからは、焼肉で食べるおすすめの和牛を紹介するので見ていきましょう。まずは和牛の中でも最高峰ともいわれている、「神戸牛」について紹介していきます。

神戸牛とは

神戸牛の定義は、「兵庫県内で育った但馬牛で未経産牛・去勢牛であり、さらに肉質等級などが一定基準以上であるもの」となります。肉質等級などの一定基準とは、赤身の割合を示す肉質等級が「A」「B」4等級以上・霜降りの割合を示す脂肪交雑がBMS値No.6以上・枝肉重量がオスで260㎏~470㎏、メスで230㎏~470㎏となっています。

和牛の中でもランクの高い「但馬牛」の中で、さらに厳選された個体のみが「神戸牛」と呼ばれるため、とても希少価値が高く価格も高額です。神戸牛の数は年間に4,000頭ほどとなっており焼肉で食べられることは少ないですが、肉質が保証されている唯一のブランドなので機会があればぜひ挑戦してみましょう。

焼肉で食べるおすすめ和牛②松阪牛

続いては高級な焼肉店で並ぶことが多い、「松阪牛」について詳しく説明していきたいと思います。全国的にかなり流通しているブランド和牛になるので、気になれば実際に食べることがすぐにできるでしょう。

松阪牛とは

松阪牛の定義は、「国産の黒毛和種で未経産のメス牛であり、生後12ヶ月齢までに松阪牛生産区域に導入されて育てられたもの」となっています。そのためどこで出生したかは関係ないので、多くの頭数が松阪牛として登録され流通量が増えているのです。

松阪牛には肉質等級などの基準はありませんが、「特産松阪牛」とよばれる最上級ランクの個体もあります。特産松阪牛になるためには、兵庫県内で出生した子牛を松阪牛生産区域で900日以上の長期間育てなければいけません。一般的な松阪牛よりも長期間育てることにより、柔らかくとろけるような特徴をもった肉質になります。

和牛を焼肉でおいしく食べる方法

焼肉で肉が焦げるまで焼いてしまっていませんか?和牛をおいしく味わうためには、肉本来の味わいを消さないために、表面に火を通すくらいが丁度いい焼き方になります。特に脂身が多い肉の場合は、焼きすぎると溶けてしまうことになるので焼きすぎないようにしましょう。

まとめ

和牛と国産牛の違いは?焼肉でおすすめの和牛を紹介!

和牛の焼肉に関して詳しく紹介してきました。和牛と国産牛では品種が違うことや、焼きすぎない方がおいしくいただけることがお分かりいただけましたでしょうか。

「牛牛 西麻布 総本店」では、厳選した和牛を一番おいしい状態で召し上がっていただけます。この記事を読んで和牛を焼肉で食べたいと思った方は、ぜひ足をお運び下さい。